高校卒業までにかかるお金と大学入学費用のまとめ

seichou
学資保険について調べようと思ったきっかけの大きな理由は、やっぱり大学入学にかかる費用が気になったからです。

ただ、子供は大学に入学する時にいきなりお金がかかるのではなく、これから幼稚園、小学校、中学校、高校と進学していく過程でも必ずお金がかかってきます。

幼稚園から高校までで総額いくらかかるのか?
そして大学の入学と学費でいくら必要なのかをまとめました。

高校卒業までにかかる金額

文部科学省の平成26年度のデータによると、全て公立だった場合で560万円程度、私立だった場合は1,800万円程度でした。

これを生活費とは別に用意しておき、なおかつ大学の入学資金、学費を貯めておかないといけないわけです。

幼稚園 小学校 中学校 高校
年間総額 222,264 321,708 481,841 409,979
教育費 119,175 59,228 128,964 242,692
給食費 19,382 43,176 38,422
学校外活動費 83,707 219,304 314,455 167,287

これが文部科学省の調査データなのですが、これだと高校の給食費が加味されていません。
たしかに高校の時は給食がなかったのでお弁当を持参するか買い弁、または学食を使っていました。

1食600円で済ませたとしても、だいたい年間190~200日の授業日数を考えると120,000円/年の昼食費も考慮した方がいいのかもしれません。

そうすると、以下のようになります。

幼稚園 小学校 中学校 高校
年間総額 222,264 321,708 481,841 529,979
教育費 119,175 59,228 128,964 242,692
給食費 19,382 43,176 38,422 120,000
学校外活動費 83,707 219,304 314,455 167,287

上の表は”年額”なので月額に落とし込むと以下。(単純に÷12)

幼稚園 小学校 中学校 高校
月間総額 18,522 26,809 40,154 44,164

これらはあくまで1年間、1か月の費用に過ぎません。
そこで全期間で考える必要があります。

幼稚園が年少から(3年間)、小学校6年、中高3年ずつとすると、以下。

幼稚園 小学校 中学校 高校
全期間総額 666,792 1,930,248 1,445,523 1,589,937

これらの総額が幼稚園から高校までの教育費となるので、だいたい560万円というわけですね。
※あくまですべて国公立の場合。

上記表の項目において、「学校教育費」は授業料や教科書代、文房具代など。
私立または高校などで遠方へ通学する際には通学費もここに含まれます。

また、小学校のランドセルや幼稚園・・中学校・高校の制服なんかも基本的な教育費として算出された平均値となっています。

他にも学校教育費は入学検定料や入学金、学校の設備投資費やPTA会費なんかもすべて含まれたもの。

これに対し、「学校外活動費」は習い事や塾などの金額の統計なので、もし「塾には通わせないし、家庭教師もつけない。習い事は一切させない」というのであれば、ここの金額を削った費用で考えてもいいのかもしれません。

その場合は以下。

幼稚園 小学校 中学校 高校
年間総額 138,557 102,404 167,386 362,692
教育費 119,175 59,228 128,964 242,692
給食費 19,382 43,176 38,422 120,000
学校外活動費

全期間総額で考えると、以下のようになり、総額で260万円程度ということになります。(以下)

幼稚園 小学校 中学校 高校
全期間総額 415,671 614,424 502,158 1,088,076

あくまでこれは文部科学省がアンケートを実施して得た統計の平均値であり、すべての家庭に当てはまるわけではありません。

中には「幼稚園だけ私立」とかもあるでしょうし。

ただ、だいたいこれぐらいは生活費とは別に必要になってくるということです。

大学入学費用と学費について

さて、では気になる大学の入学資金と学費についてです。
学資保険に加入するか否かは、この費用にかかっていると言っても過言ではないのではないでしょうか。

大学は国公立と私立で入学金と検定料にはほとんど差がありませんが、授業料で数十万の差が出てきます。
また、私立の場合は文系と理系でも金額に差が出ますし、6年制の医歯薬科へ進学した場合には授業料がかなり跳ね上がってきます。

なので、子供をどこに進学させるのか?によって金額は全然違ってくるという事ですね。

もし「子供がどこに行きたいと言っても援助してあげられるようにしておきたい」と思うのであれば、私立医学部の6年間平均納入額である3,000万円近くは準備しておく必要があります。

ただし、学資保険で3,000万円を受け取ると考えた時、返戻率110%だったとしても月々13万円ずつぐらいを18年間に渡って支払い続ける必要があり、そもそも相当余裕がある家庭でなければ難しいのではないかと思います。

もし月々13万円積み立てられるような方なら、もう少し上手な投資方法もあると思いますけどね・・・。

なので、僕は「せめて入学金と初年度の学費ぐらいは用意しておきたい」という前提で考えました。

国公立 私立文系 私立理系 私立医歯薬
検定料 3万円程度
入学金 26~30万円
授業料 50万円強 170万円程度 200万円程度 500万円程度

入学金は国公立・私立共に26~30万円ぐらい。
検定料は1校あたり3万円程度。
授業料は国公立で50万円強、私立で200万円前後、私立医歯薬で500万円程度。(年間)

何校か受験するとして、100万円~240万円(私立医歯薬なら540万円)ぐらい用意出来たらとりあえず入学と初年度の学費ぐらいは支払えるのかなと。

実際はそこに、大学へ通う為の交通費(遠方であれば下宿代)などの考慮も必要。

自分が学生時代は通える範囲の大学だったのですが、それでも年間20万円程度の定期代はかかりました。

もし国公立かつ通える範囲の大学に入学できたとして、120万円。
それなら110%の返戻率で考えれば総支払金額109万円強。
18年支払いで月々5,050円と、学資保険としても無理のないプランになると言えますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする