学資保険とどちらを選ぶべき?低解約返戻金型保険を勧められる理由について

docchi

「学資保険の相談に行ったら終身保険を勧められた」

こういったケースが多いと聞きます。

おそらくここでいう終身保険とは、解約する事を前提とした終身保険のことで、
支払い満期を過ぎてからの解約で返戻率が100%を超えてくる「低解約返戻金型保険」のことだと思います。

「支払い期間中の解約で返戻率が100%を下回る」や「契約者に万が一の際に支払いが免除になる」など学資保険と共通する点が多い保険ですが、保険の相談員がこちらの保険を勧めてくる理由はいったい何なのでしょうか。

低解約返戻金型保険について

teikaiyaku

その前に低解約返戻金型保険についておさらいしておくと、

  • 支払い期間中の途中解約で解約返戻金が大幅な減額となる
  • 契約者の死亡時に以降の支払い免除だけでなく、死亡給付金が得られる

学資保険と違う点ではこういった部分がありました。
また、他の終身保険と比べても月々の支払保険料が安いというメリットもあります。

ただ、リスクという観点から見れば、契約期間中の途中解約だと返戻率が70%程度になってしまう為、途中解約の可能性がある人にとってはなかなか危険な商品ともいえる保険です。

とはいえ、契約者の死亡時に「通常の返戻率よりは高い率」で「死亡給付金が即時に得られる」と言う点では、学資保険に比べて理にかなっている部分もあり、見逃せません。
※学資保険の場合は契約者が死亡した場合、以降の支払いの免除はあるものの、満期金はあくまで契約満期時までうけとれません。

もし、「子供の将来の為の貯蓄」と考えた時には、単純な返戻率の差だけを見れば学資保険の方が良い気がします。
では保険の相談員さんが「学資保険より返戻率が低くとも低解約返戻金型保険を勧める」理由は何でしょうか。

保険屋さんに入る手数料が高い

保険の外交員さんや相談員さんで「固定給」という人は少ないのではないでしょうか。

現に僕がお世話になった保険屋さんは4人ほどいますが、どの型も「出来高制」でガンガン稼いでいます。

どういうことか?というと、指定の保険が1件契約になる度にいくらか貰える仕組みということです。

その”いくらか貰える”の部分が、学資保険に比べて数倍に高いのが低解約返戻金型保険と言われているわけです。

つまり、保険契約者(あなた)にとって最善の保険かどうかというより、保険屋さんにとって都合のいい(効率よく稼げる)保険ということ。
※実際に保険屋さんに確認したわけではなく、ネットの情報を鵜呑みにしています。

ただ、途中で解約する契約者が多いのなら話はわかりますが、そうでなければなぜ保険会社はこの保険の手数料を高くしてまで加入者を集めたいのかは謎ですね・・。

いずれにせよ、相談員さんの中にはそういった理由でこの保険を勧める人が少なくないんだとか。

本来は「客を満足させた見返りに利益を得られる」のが商売の基本です。
販売者の利益の為に契約が進むのはおかしい話と言えます。

では、低解約返戻金型保険には入るべきではないのでしょうか?

保険会社にとって都合がいい商品は選ぶべき?

一般的には「販売者の利益になる=契約者の損失になる」と考えられがちです。

が、これは一概にどうと言える話ではないのですが、
保険会社にとって都合がいい商品というのは、契約者にとっての利益になる可能性もあるのではないでしょうか。

小さな目線で考えれば、自分と保険会社の関係だけを見て、自分が最大限にお金を受け取れるような商品を選ぶことがベストかもしれません。
誰しも自分が得したいものですからね。

でももし、あなたに得させようとし過ぎて、あまりにありえない返戻率の保険を販売する保険会社があったとしたら?
その会社はどうやって利益を出して、どうやって存続していくのでしょうか。

なんとなく「破たんしそうだな・・・」と思えそうなものです。

保険会社にとって都合がいい商品・・・つまり、保険会社が儲かるように出来ている商品というのは、実は契約者である僕らが保険会社を支えることにもなるのではないかと思います。

もし返戻率が数パーセント低くとも、保険会社が得をするような商品なのであれば、あえてそれを選ぶというのも必要なのかもしれません。

低解約返戻金型保険のデメリット

低解約返戻金型保険にはこれといったデメリットがありません。

もちろん前述の通り、途中解約してしまうと返戻金がグッと安くなるのはデメリットになりますが、支払いを続けられる自信がある方からすれば何てことないはずです。

とはいえ、今から15年近くの期間を必ず支払いが滞らないでいられるという保証は誰にもないのが現実。
公務員なら大丈夫と言う人がいるかもしれませんが、100%懲戒免職にならないとは言えませんよね。

それ以前に、いつ国が破たんするかだってわかりませんし、いつどこで他人を事故に巻き込んでしまうかだってわかりません。

とにかく人生は何があるかはわからないもの。
自分だけが注意していたって外的要因でピンチに立たされる時はやってきます。

それを現時点の感覚だけで「向こう15年も同じ」だと考えるのはどんなリスクよりもリスキーではないでしょうか。
※とはいえ、結局は現時点の感覚・想像からしか決められないですけどね・・・。

もし何かあって支払いが出来なくなってしまえば、保険料の減額ないし保険の解約をするしかありません。
その時には総支払い額の70%程度しか返戻されないというリスクの上での契約である認識は必要です。
※100万円程度支払っていた場合には30万円近く損してしまうということになります。

長期保険のデメリット

学資保険も低解約返戻金型保険も、いずれも長期間の支払いが必要です。
そしていずれもまとまったお金を受け取れるのは数年後。(普通はこどもが18歳などのタイミング)

こういった長期型の商品の場合、「インフレリスク」というデメリットがついてまわります。

つまり15年とか22年といった長い期間の中で、”お金の価値が変わってしまう”リスクです。

infre

極端な例で言えば、今持っている100円が将来には10円の価値しかなくなってしまうというようなもの。
う○い棒1本買うのに100円かかる時代が22年後に来る、というような状況。

学資保険では全期前納という制度をとる事ができ、加入時に全額支払ってしまう事でさらに高い返戻率にする方法があります。
もし、全期前納で今100万円支払ったとして、22年後に120万円受け取る事が出来た場合、返戻率で見たら120%ですがお金の価値で言えば0.12倍に減ってしまっている事になるわけです。

1万本買えたはずのう○い棒が1,200本しか買えなくなってしまうということ。

もし、契約期間の途中で、その時点でのお金の価値に着目した新しい投資商品が出てきたとしても、解約してしまう事で大幅に返戻金が少なくなることを考えると乗り換える事がままならない、という事態が考えられますね。

配当や祝い金で考える

インフレリスクを回避する為には「配当あり」という商品を選ぶことがポイントと言われています。

お金の価値が下がる場合、通常は金利が上がると言われています。
金利が上がるということは、保険会社や銀行などの運用による利益部分が増える事を意味するので、その余剰分を契約者に配当する仕組みがあれば、お金の価値が下がってしまってもその差益を受け取れるということ。

ただ、実際に配当ありの商品を選んだからといって確実に”利回りがプラスになる”とは限らないとは思います。
保険会社も利益が少なかった時代の補てんをしたい部分もあるでしょうし。

この辺りは賭けですね・・・。

もし契約の途中で他の投資商品を考慮したいと思うのであれば、タイミングタイミングで祝い金を受け取れるような学資保険を選択するというのもありです。

例えば子供が小学校、中学校、高校、大学と入学のタイミングごとに祝い金が受け取れるのであれば、そこで受け取った”まとまったお金”を他の投資商品に回す事も可能です。

低解約返戻金型保険は基本的に途中で受け取れる祝い金はありません。

そういった意味からも、「祝い金のある学資保険の方がいい」と思う方も多いようです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする