保険ショップで大損しない為に気を付けること

shop

某雑誌の記事で「保険ショップの実態」について言及されていました。

保険ショップというのは、ショッピングモールの一画にある相談所のこと。

その記事に書かれていたのは、保険に対する不安や不満などから「保険の見直しを検討したい」と保険ショップを訪れた人が、結果的に”不要な保険を提案される”というものでした。

実は保険ショップからすれば、「保険を見直したい」と思って来店する人は”鴨がネギを背負って来ている状態”

kamonegi

たしかに「保険を見直したい」と思っているんだから、確実に「見直しの提案」が出来るわけですし、
自分で見直さずに保険ショップに頼ろうとしているんだから、多少おかしな商品だったとしても契約しちゃいそうな印象はあります。

ではこうやって不要な保険に加入させられて大損しない為にはどうすればいいのでしょうか。

なぜ大損するような不要な保険を勧められるのか

そもそも、なぜ不要な保険を勧められるのか?を先に知っておくべきです。

不要な保険を勧められる理由、それは、
保険ショップにおいて、担当者の給与の源になっているからです。

お客であるあなたを保険に加入させた際、保険会社から受け取れる手数料があるからなんですね。

たくさん契約させれば、それだけ手数料も多く受け取れますし、
商品によって手数料が異なってくるので、なるべく手数料が高くなるものに加入させたいわけです。

dotti

ただ、”商売の基本”をわかっている人なら、本来は「お客を損させない」を徹底しているものです。
出来る営業マンほど、お客にとって不要なものやお客が損するものは絶対に売りつけません。

何故なら、顧客の満足度低下がゆくゆくの自分の首を絞める事を把握しているから。
今はそういう時代になっています。

これは保険ショップに限らず、たとえばアパレルでもそうだし、B2Bの仕事でも同じ。

出来る人はまず信頼を勝ち取ります。
信頼されてから、時間をかけて”自分が美味しい商品”を売って行けばいいとわかっているんです。
※お客にとって本当に得するような商品を販売する事ができれば、「次もあの人に相談しよう」となるかもしれないということ。

なので、出会ったその日から信頼を築くような事もしようとせず、いきなりわけのわからない商品を勧めてくる保険ショップのスタッフがいたとしたら、その人は”自分の利益”しか考えていない人だと思ってまず間違いありません。

自分で知識を身に着ける

さて、明らかに怪しい商品を勧めてくる人なら話は別ですが、そうではなく上手に保険商品を勧められ、気づいたら不要なものを契約させられていた、なんてこともないとは言えません。

保険商品は性質上、長い期間をかけて大金を支払うものですから、あとあとで気づいたら結果的に大損していた、ということにもなりかねないわけです。

そうならない為に一番確実なのは、自分で保険についての知識をしっかり身に着けること。

そうすれば保険ショップに相談に行かなくても済むかもしれませんし、ショップで不要な保険を勧められてもきちんと断れるからです。

ただ問題は、保険について専門的に仕事をしている保険ショップのスタッフに対峙する際に、その人たちよりも専門的な知識を自分たちにつけられるかどうか?ということ。

taiketsu

現実問題として、無理だと思います。
他に仕事をしているわけだし、保険のことばかりに時間をかけてられないですからね・・・。

ましてや相手はプロですし。
プロと対峙するだけの知識ってどんだけよ!ってところです。

信頼できるFPを探す

そういった意味からも、近道なのは「信頼できるFPを探す」という事ではないかなと思っています。
※FPはファイナンシャルプランナーの略。

fp

信頼できる人に出会える為には、それこそそこそこの時間はかかると思いますが、
自分で保険についての勉強を1からスタートさせてプロに追いつくよりは断然早いのではないでしょうか。

当然FPの中には特定の保険会社に属していて、そこの商品を優先的にオススメする人もいます。
ということは保険ショップのスタッフ同様に”自分にとって利益になる商品”をさも必要かのようにアピールしてこないとは言えません。

ただ、あくまで僕の体験談ですが、
特定の保険会社に属していたとしても、ライフプランなどをこちらの相談ベースで作成してくれたり、わからない事はきちんと答えてくれたりと、こちらの得になるように考えてくれるFPさんもいます。

おかげで我が家ではプランの見直しも同じFPさんにお願いすることになりました。

おわりに

というわけで、保険ショップで大損しない為には、「なぜ保険ショップでは不要な保険を勧められるのか」を理解したうえで、「自分で保険に対する知識をプロ並みにつける」、または「信頼できるFPに相談するようにする」が正解と言えます。

特に信頼できるFPは特定の保険会社に属する人ではなく、複数保険会社の商品を扱う人を探したいところですね。

特定の保険会社に属していれば、当然その会社の商品についての知識は深くなりますが、反面お客にもその会社の保険しか勧められないというデメリットがあるからです。

いずれにしろ、前述の通り「結論を急ぐ」ような担当者であれば、たとえFPだったとしても信用しないこと。
早く決断する事で得するのは誰か?を考えればわかることですね。

しつこい担当者も同様です。
こちらの話を聞いたうえで、必要不要を理解して提案してくれるFPに出会えるのが一番ということです。

もしまだ信頼できるFPに出会えていないのならおすすめしたいサイト

「子供の将来のための積み立て」と言っても、学資保険だけではなくいろいろな種類のものがあります。

学資保険一つに絞っても、各保険会社がいろいろなプランで商品を展開しています。
たくさんの保険の中から自分にピッタリの保険を選べる自信がありますか?

普段から学資保険について調べている人でもない限り、普通は何日かけても選べません。

保険選びに失敗してしまう理由は、まず間違いなく「信頼できるFPに出会えていないこと」。
適当に自分だけで目先の利益で考えた保険を選んでしまったり、保険代理店の口車に乗せられてしまうと、不要な保険に加入することに繋がります。

自分に一番ピッタリな保険を見つけるためには、信頼できるファイナンシャルプランナーと出会えることが早くて確実です。
なぜなら、FPは保険のプロなので常に最新の情報を持っていますし、将来の家計(ライフプラン)も考慮したうえで最適なプランを見つけてくれるから。

FPはあなたの敵ではないので、強引な勧誘をしてくる心配もありません。
「保険はどうしても自分の力だけで探したい」とか、「自分で探せるだけのプロ並みの知識がある!」という方以外はFPの利用が絶対必要です。

保険相談なら自分の保険

FP無料相談のウェブサービスは保険に契約するかしないかに関わらず完全に無料なので、学資保険に限らず保険契約全般について悩みがある方の第一歩として相談をオススメしています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする